授業方針

とにかく忙しい高校1,2年生には、正しい学習計画が欠かせません

部活にアルバイト、広がる交友関係や趣味。そうした中で効率よくしっかりと学習面でも成長していくためには正しい学習計画が不可欠です。1~3ヶ月の中期目標をはっきりさせ、それから逆算した毎週、毎日の計画を立てる必要があります。また目標は達成可能な具体的なものにする必要もあるでしょう。

 さらに2020年から大きく変化している大学受験に対応する力もこの時期に養う必要があります。つまりただ暗記している、計算が出来る、というだけでなく、自ら問題を発見し解決する能力が問われます。そのためには思考力や応用力を培う必要があります。

  • アドバイザーとの月イチ面談にて現状と対策をはっきりさせ、そこから具体的で達成可能な目標を一緒に設定します
  • 授業では常に質問し、生徒が思考力を養うのをサポートします。また解決、表現するためのヒントを教え、生徒の表現力の幅と深さを広げます
  • 定期的な模擬試験を実施し、生徒の実力を常に可視化することにより、常に勉学に対するモチベーションを維持します。

高校三年生は自信と実践力を培う時。本番で実力を発揮できるよう鍛えます

多くの人にとって人生で最も勉学する一年になる高校三年生。志望校選びや、一年間の学習計画を作成しそれに沿った努力を続けていくには周囲のサポートが欠かせません。得意科目を伸ばすのか苦手克服に時間を使うのか、専門コーチのアドバイスは不可欠です。また、自分なりのリフレッシュ方法や集中するためのスイッチを決めておくなら、ポジティブに一年を乗り切れるようです。

さらに受験対策として、ある時期から朝方の生活リズムを意識するなら、受験本番の日も、朝からシャキッと最高の状態で試験にのぞむことが出来ます。

  • 個々の生徒の希望と実力を考慮し、専門アドバイザーが志望校選びと対策、学習計画の作成をサポートします。
  • 自身も受験生だった多くの講師が、一年を乗り切るコツや励ましを与え、生徒が常にポジティブな状態でいるのをサポートします。
  • 定期的な模擬試験を実施し、振り返りながら、生徒が自分の実力を発揮するための分析と改善を教え、専属コーチのようにサポートします。