どんな境遇の人にとっても1日には24時間しかありません。ですから、もし思いついたことを思いついたときにやるとしたらどうでしょうか。

より大切なことを思いつかず、どうでもいいことをしてしまうかもしれません。気づいたらもう夜、宿題が全然終わっていない、なんてことに…。
(さあ、次は何をやろうか。)と考える時間も積み重なればかなりの時間になります。無駄でもったいないですね。

1日はあっという間に過ぎ、繰り返し「明日」の To Do を増やしてしまいます。

「明日」も24時間しかありません。結局はどれかを諦める選択をしなければならなくなるでしょう。

やるべきこと( To Do )は多い

【効果的な勉強法】3つのステップで計画を立てよう では、基本的な計画の立て方を考えました。

それをやってみてどうでしたか。多くの科目があるので1日のうちにやるべきことも多いでしょう。

学校と部活、塾や習い事などとスケジュールが埋まっていると大変ですよね。

無駄に To Do を考える時間をなくそう

それで、1日のうちにやるべきことが明確になったら、それらを箇条書きしてみることをお勧めします。そして、優先順位を決めてそれらに番号を振るなら、次の課題に間髪を入れずにとりかかれます。

(さあ、次は何をやろうか)と無駄に考える時間をなくすのです。

こなせた課題に横線を引いて消せば、やるべき事のリストはどんどん減っていきますよ。

例えば、ある日のうちにやるべき事をまとめます。ここでは番号順に並んでいますが、そうである必要はありません。

課題をこなすたびに横線を引いて消します。
だんだんと、横線を引いて消すのが楽しみになってきます。

To Do をこなせるように工夫する

もし全てをこなせなかったら、計画が現実的ではないことのサインかもしれません。優先順位を見直すこともできます。

その紙の上の方に「〇〇高校(大学)に合格」とか、「次回のテストでは〇〇点を取る」、「偏差値を〇〇上げる」などと目標を書いておくとモチベーションを保つ助けになるでしょう。

【効果的な勉強法】計画倒れを防ぐ工夫 もご覧ください。

To Do 時間割を作る

下のように1週間分の To Do 時間割を作って、何時になったら何をどのくらいやるべきかを明らかにしておきましょう。

翌週も使い回せるので、無駄がありません
学校の時間割と違うのは、科目だけでなく分量(○ページすること)も書いてあることです。

その日だけの予定は別に欄を設けてそこに記しましょう。もし To Do 時間割を守れないことでモチベーションが下がってしうときはどうしますか。「時間はあくまでも目安」と割り切っておおらかにとらえましょう。

便利なスマホアプリの注意点

計画をたてるのに便利なツールがあります。それはスマホのスケジュールアプリです。
レイアウトが最初から整っていて、いつでもどこでも確認できるというメリットがあります。
アプリによってほかにも特長が色々とあるようです。
ご自分に合ったものが見つかったなら、活用することができます。

ただし、注意が必要です。
広告が入るアプリを使うなら、かえって勉強の妨げになるでしょう。
アプリを開くためにはスマホのロックを解除する必要があります。わずかな時間でも積み重なればかなりのタイムロスになりえます。
スケジュールアプリを開くためにスマホを手にとったつもりが、メッセージアプリなど他のアプリの通知が気になってしまいます。
気づいたらかなりの時間をスマホにとられてしまうかもしれません。

紙の利点も取り入れよう

アプリを活用する場合はスクリーンショットをして紙に印刷しておくなら、これらのデメリットをいくらか回避できるでしょう。

まとめ

3つのステップで1日あたりにやるべき事が明確になったら、それらを箇条書きにして優先順位の番号をふります。こなせた課題は横線を引いて消します。1日の終わりには、達成感という喜びを味わうことができます。

箇条書きの To Do リストはその日限りですが、To Do 時間割をつくれば毎週使いまわせます。

自分の時間を管理する難しさと格闘する経験は大人になったときにも役立つでしょう。