滑りやすい坂を登っているところを想像してください。頑張って登っても、すぐに滑り落ちてしまいそうになります。
同じように、何度か覚えようと頑張ったのにすぐに忘れてしまうことはありませんか。

スパイクシューズには靴底に突起がついています。それを地面に食い込ませて足がかりにしています。ですから、スパイクの付いた靴を履くと滑りにくいです。

覚えるときにも何か足がかりになるもの、つまりきっかけをつくってみることができます。

外来語や名称と関連付けて覚える

基本的なこととして、orange(オレンジ)や、smartphone(スマホ、スマートフォン)など、外来語として普段からカタカナで使っている英単語がテスト範囲に含まれていたらラッキーですよね。

また、英単語から名付けられたものを探すならそれと関連付けることもできます。
(真剣に)努力するという意味のendeavorという単語を覚えるときは、アメリカのスペースシャルという宇宙船にその名が付いた機体があったことと結び付けることができます。たしかに、スペースシャトルは多くの人の努力が実を結んだものでした。

組み合わせて覚える

「筋肉」の「筋」という字を覚えるときはそれをそのまま覚えようとするでしょうか。むしろ、竹(たけかんむり)、月、力といったすでに覚えている漢字を組み合わせたものになっていることを意識するのではないでしょうか。
理科で(大まかには)固まるという意味の「凝固」の「凝」という字があります。「疑う」の「疑」を覚えていればすぐに書けるようになります。「冷たい」の「冷」という漢字と同じ部首の二水(にすい)だということも思い起こせるでしょう。

「なる」という意味のbecomeは、be動詞のbeとcome(来る)との組み合わせになっていることを意識すれば記憶しやすくなります。

語呂と知っている単語とを関連付けて覚える

「確信させる」という意味のassureという単語を覚えるときは、「もちろん」という意味でも習ったsure(確信している)を思い浮かべることができます。そうするなら、覚える文字数が6文字だったのを、2文字(最初のas)だけに減らすことができます。
「明日(as)、Sure !と言って、やると確信させよう」のように、語呂とすでに知っている単語とを関連付けることもできます。

「表面」という意味のsurfaceという単語を覚えるときは、face(顔)という単語が含まれていることに気づくことができます。「さあ(sur)?フェイスでは表面しか分からない。」というように、語呂と知っている単語とを組み合わせることができます。

接頭辞、接尾辞を覚える

ある程度英語の勉強を続けてきたのなら、接頭辞、接尾辞を意識して覚えてみましょう。

  • 接頭辞とは、単語の最初に付けて意味や品詞などを変化させるものです。
  • 接尾辞とは、単語の最後に付けて意味や品詞などを変化させるものです。

例えばcommunication(連絡)という単語について考えてみましょう。

  • co(m)-という接頭辞には「共に」という意味があります。
  • -ionという接尾辞は名詞を作る接尾辞です。

そうするなら、初めて見る英単語の中に知っている文字列が隠れていることに気づけるかもしれません。覚える字数はそれだけ減らせますし、テストで知らない単語が出たときに意味を類推する助けにもなります。

接頭辞と接尾辞の知識は、テスト中に知らない単語の意味を類推する足がかりにもなる。

関連した単語を併せて覚える

ついでに似たような単語を覚えることもできます。先ほどのcommunication(連絡)という単語を覚えるときには、以下のような関連した単語も記憶してみましょう。

  • communicate(伝達する)
  • community(地域社会)

など。(まだあります。)

まとめ

覚えなければならないことの量に圧倒されそうなときは、よく注視してみましょう。すでに覚えていることと関連付けるなら、覚える量も心も軽くなります。
関連付けるために語呂や知識を活用しましょう。

付録 おもな接頭辞と接尾辞

接頭辞

接頭辞接頭辞の意味単語単語の意味
ab離れてabsent不在の
ant(e), ant(i)前のanticipate予期する
ant(i)antiaging抗加齢の(アンチエイジング)
auto自身のautograph自筆(サイン)
co(n), co(m)共にcommunication連絡(コミュニケーション)
dis反対disagree意見が合わない
en, emにするenableを可能にする
ex外へexit出口
for前にformer前の
obに反対してobstruct妨害する
out外へoutdoor戸外の(アウトドア)
over超えてoverseas海外の
per完全にperfect完全な
post後のpost-modern現代の
pre前のprepaid前払いの(プリペイド)
re再びrecycle再利用する(リサイクル)
sub下にsubmarine潜水艦
sur超えてsurcharge追加料金(サーチャージ)
trans別の場所へtransport輸送する
under下にunderline下線(アンダーライン)
up上にupdate最新化(アップデート)
接頭辞

名詞を作る接尾辞

名詞を作る接尾辞単語単語の意味
agebaggage手荷物
alrenewal更新(リニューアル)
ance, enceperformance仕事ぶり,遂行(パフォーマンス)
ancy, encyinfancy幼少
hoodneighborhood近所
icsservice業務(サービス)
ioncreation創造
ismmechanism仕組み(メカニズム)
ity, etysecurity防護,安全(セキュリティ)
mententertainment娯楽(エンターテインメント)
nesskindness親切心
shipfriendship友情
thgrowth成長
tudemagnitude大きさ(マグニチュード)
urepleasure喜び
yhistory歴史
名詞を作る接尾辞

形容詞を作る接尾辞

形容詞を作る接尾辞単語単語の意味
able, iblefashionable流行の
aladditional追加の
arylibrary図書館
ateaccurate正確な
entconvenient便利な
fulhopeful希望に満ちた
ichistoric歴史上重要な
ilemobile動きやすい(モバイル)
inedivine神聖な
ishchildish子どものような
iveactive活動的な(アクティブ)
lesscareless不注意な(ケアレス)
ousdangerous危険な
yrainy雨の
形容詞を作る接尾辞

動詞を作る接尾辞

動詞を作る接尾辞単語単語の意味
(i)fysatisfyを満足させる
atecreateを創造する
enstrengthenを強くする
ize,iseorganizeを計画する
動詞を作る接尾辞