こんな方法で勉強していませんか?

テスト前で焦るとき、あなたならどうしますか?

  • テスト範囲をカバーした、綺麗で分かりやすいノートを作る。
  • 色々な参考書や問題集を買い漁る、もしくはコピーする。(著作権に気を付けて!)
  • 問題を解いて〇つけしたら、もうその問題とはさようなら。

 
ノートをきれいにまとめるのには時間もかかりますし、少しこだわって作りたくなります。
ある意味自分だけの作品ができるので、満足感もあります。

テスト前って不安ですよね。たった数枚の紙切れに短い時間でどんな答案を書くかによって、自分自身(の学力)が評価されてしまうわけですから…。
どんな問題が出題されるか分かりません。たくさんの問題を解くと、テストで「見たことがある問題」に出会いやすくなります。それで、色々な種類の問題との出会いを求めて焦ってしまうのも無理もありませんね。

先生の鮮やかな解答と分かりやすい解説を聞くと、ただ写しているだけなのになんだか自分も一緒になって解いたような気がしませんか。

その勉強方法は本当に効果的ですか?

たしかに、勉強したという満足感を得ることはできます。でも、ちょっと考えてみてください。

このサイトを見ているあなたはきっと、カンニングという反則を犯したくはないと思っておられることでしょう。ではそのノートに十分な使い道はありますか。参考書を買った方が近道ではありませんか?

むしろ、ノートを作る時間とその努力を
「(本当の)勉強」につぎ込めば、
テストの点数があと何点上がることか!

(もちろん、学校の先生からの指示でしたらノートを作ってください。むしろ先生の意図は授業をちゃんと受けているか確かめることでしょうから、授業中にほとんど完成できるでしょう。)

その勉強方法で、「寝ぐせ」を直せますか?

自力で正解できるまで解きなおさない人は、ブローし忘れる人のようです。

あなたは朝起きて鏡を見たときに、寝ぐせがついていたらどうしますか?

間違えたのに後で解き直さない人は、鏡を見て髪がはねているのに気づいたのにブローするのを忘れてしまう人のようです。

答え合わせすらしない人やどこで間違えたかを把握しない人は、洗面所に行きながら鏡を見ることすらしない人のようです。

ここで「寝ぐせ」とは、あなたの苦手な弱点のことです。

  • いざテスト本番です。作ったノートを見ながら解くことはできますか?
  • 教材を揃えることから安心感を得ていませんか?前の方のページしか手を付けられていない参考書はありませんか?
  • 解けなかったその問題!もし、それとまったく同じ問題が出たら全問正答する自信はありますか?

効果的に勉強するには?

ではどうすればよいのでしょう?

クラッセは、あなたが効果的に勉強するためのお手伝いをいたします!

【効果的な勉強法】間違った問題は宝の山

【効果的な勉強法】体を使って覚えよう!

もどうぞご覧ください。