勉強や宿題することをついつい後回しにしてしまうことってありませんか?
テスト直前や夏休みが終わる頃に、慌てて何とかしようとしたことがあるかもしれません。
そんな時は、「ああ!ちゃんと計画を立てておけばよかった・・・。」と思いますよね。

では、今日は効果的な計画の立て方をお伝えしたいと思います。

バランスの良い計画が大切

計画ってどう立てるのか分からないと思われますか?

ただ漠然に「〇曜日は~分勉強する」と勉強時間だけを決めるなら、たとえそれを守れても、テストに間に合わなかった、ということになりかねません。

時間をかけて周到な計画を立てたとしても、守れなくて凹むことがあるかもしれません。そもそも人間は機械のように動くものではありませんし、予期しない出来事も生活の中で起こりえます。無理をすると計画がストレスの原因になってしまうでしょう。

ですから、生活の全てを計画でコントロールできるとは期待せず、可能な範囲でバランスを保って時間の過ごし方を組織的なものにしていただければと思います。

計画を立てる前に

計画を立てるにあたって、前提となるのは何をすればよいかが分かっていることです。まずはテストの出題範囲を確認して、教材を取り揃えます。定期テストの対策を早めにするのであれば、授業の進度からテスト範囲をある程度予想できるでしょうか。

そもそも何をすればよいかが分からないという場合には、塾や学校の先生などに相談できます。きっと喜んで助けになってくれることでしょう。(クラッセはあなたが勉強するためのお手伝いをしたいと思っています。)

そして科目毎に以下の3つのステップを踏めば、1日あたりどれくらい勉強をすればよいかが分かります。

計画を立てる3つのステップ

  1. テスト範囲を見て、こなさなければならない参考書や問題集のページを数えます。これを(テスト範囲のページ数)と呼ぶことにします。
  2. (勉強を終わらせる期日)-(勉強を始める日付)+1=(勉強にかける日数)を計算します。
  3. (テスト範囲のページ数)÷(勉強にかける日数)=(1日間に勉強するページ数)を計算します。
    ※これとは別に復習をすることを忘れないでください。

②のところで、(勉強を始める日付)とはもちろん今日か明日の日付ですよね?先延ばしにして後で困らないように気をつけてください。

(勉強を終わらせる期日)をテストの前日にしないでください。あとで復習するために、また計画通りにいかなかったときに備えて少し余裕を持たせましょう

ちなみに、1を足すのは、勉強を始める日付をカウントするためです。例えば、6/1に始めて6/3に終わる3日間の計画を考えるとき、ただ3-1=2とするなら、1日足りなくなってしまいますね。

月をまたいで数えるときは、翌月の日付に30もしくは31を足しておいてください。2月から3月にかけての計画であれば3月の日付に28を足します。

偏りがあるときは

もし、部活や習い事などがあって平日は自習のためにまとまった時間がとれないという場合はどうすればよいでしょうか。

さきほどの3つ目のステップで求められた(1日間に勉強するページ数)に7をかけてください。そうすれば、1週間あたりに何ページ勉強すればよいかがわかります。

それを自分の週間予定と照らし合わせて、曜日毎にページ数を割り振ってください。

まとめ

このように、(テスト範囲のページ数)と(勉強にかける日数)をしっかりと見極めて割り算をすれば、簡単な計画が出来上がります。

たった3つのステップで、何をどれくらい勉強すればよいかが明確になるのです。