ほとんどの場合、私たちは正解したいという気持ちで問題を解いています。
あなたは教科書や問題集の問題を解いたらどうしますか?
きっと答え合わせをするはずです。もし解答が手元にあれば、問題の内容を覚えているうちに解説を読むことができます。授業で答え合わせをするのであれば、先生の分かりやすい解説を聞いたり、あなたの思考をガイドして正解にたどり着けるよう助けてもらえたりします。

問題を間違ってしまったとき

あなたは間違ったり解けなかったりしたとき、どう思いますか?
ふつうは嬉しくはないでしょう。
間違うことって、イヤですよね。

でも、その間違った問題こそがあなたにとっての宝の山だと言えます。

なぜでしょうか?
そもそも、あなたが勉強をする目的は何ですか?
当面の目標はテストで良い点数をとることでしょう。そのためには、テストで出題される範囲に通じている必要があります。
もし理解が不十分だったり知識が欠けていたりすれば、それを補強するべきではないでしょうか。

勉強も耐震工事が大切

各地の学校では、強い地震に備えるために耐震補強工事が行われています。あなたの学校ではどうですか。
その工事がなされる前に、耐震診断という調査がなされます。建物の弱い部分を見極めるためです。
問題を解いて答え合わせをするというのは、耐震診断をしたことに似ています。
どちらも時間や労力を必要とします。
どこが強くて、どこが弱いかが分かります。
でも、それで終わりにしてしまったらどうでしょうか?
建物で言えば、耐震診断だけをして耐震工事を怠るようなものです。
地震が来たときに、耐震性が不十分だと判断された建物は果たして持ちこたえるでしょうか?

間違った問題の解き直しをしよう

ですから,解き直しをして復習しましょう。
間違った問題を放っておくなら、問題を解いて答え合わせをするために費やした時間と労力の多くが無駄になってしまうかもしれません。

それって、もったいないことだと思いませんか。

あなたは万が一、自分が解いたことがある問題がテストで出題されたら全問正解できますか?ぜひ「ハイ!」と言える状態でテストに臨んでください。そうすれば、時間と労力を十分に活用できたことになります。

まとめ

自分の弱点に専念して勉強をすれば、とても効率良く成績を伸ばすことができます。

ですから、間違った問題は宝の山だと言えます。

正しく解けない問題があったら、まずは解説を理解するようにします。どのポイントで解けなかったのかを見極め(てもらい)、そこをハイライトしましょう。メモしましょう。

そしてぜひ、復習をしましょう。解き直しをしましょう!完璧になるまでです。